スタッフブログ

猫背いることの6つのデメリット

shisei_woman_bad

授乳中の姿勢が猫背、以前からデスクワークなどで猫背だった。

ママさんたちの姿勢をよく見てみると姿勢の悪い方が非常に多いです。

姿勢が悪いだけで済めばまだましですが猫背いることが様々なデメリットを生みます。

猫背でいる6つのデメリット

1.見た目の印象がネガティブ

これは言わずもがなですが、姿勢がきれいな人と、良くない人では印象が全く違います。

我々も猫背矯正をしていて変化をまざまざとみているのですが

健康そうなイメージのママに見える、身長が伸びたように見える。

などなど、特に薄着になったときに変化を感じます。

 

従って、猫背でいるとその逆の印象を与える事になります。

 

2.頭痛や肩首の症状を誘発する

これは経験のある方も多いと思うのですが、

ずっとパソコンやスマホをいじっていると

気づいたときには肩がこったり、首が痛かったりしませんか?

 

もちろん、長時間同一の姿勢をしているという事が良くないのですが

輪をかけて猫背だとより、症状の原因になります。

頭痛や人によっては吐き気まで発展するママもいてます。

 

3.婦人病、消化器系、呼吸器系の疾患のリスクに

猫背になると内臓が下がります。(下垂)

また肺や気管などにも圧迫がかかり、悪い影響が出ます。

 

悪い影響だけで終わっていればまだマシですが

やがてそれは何らかの疾患のリスクに発展します。

 

将来を見据えても猫背は改善できるうちに改善しておくことをお勧めします。

 

4.痩せにくい

猫背と自覚がある方に質問なのですが

・ほほのたるみ(フェイスライン)

・二の腕

に脂肪がついてきた、やせにくいなどはありませんか?

 

猫背でいると代謝が悪いので、痩せにくいといったことが起きます。

現に我々も猫背矯正をスタートしてから痩せていったママさんを何人も見てきました。

 

姿勢を正すほうががむしゃらにダイエットするより効率が良いのです。

 

5.精神的に鬱気味やイライラに

姿勢は気分の干渉すると聞いたことはありませんか?

自律神経や細かく話すと脳脊髄液にかかわってくるのですが

身近な症状では鬱気味やイライラ、集中力が続かないなど

個人差ありますが症状が出ます。

 

6.変形になる恐れも

これもよく患者様に話すのですが

我々は歪みやずれなどは改善できます。

しかし、変形になると改善のしようがなくなります。

 

簡単にいうとママさんたちの歪みは改善できるが

80歳のおばあちゃんの曲がった背中を改善はできないという事です。

 

80歳のおばあちゃんも80歳になった瞬間曲がった訳ではありません。

早めのケアを心がけましょう。

 

 

産後のママにとってもデメリットしかない猫背。

自覚があるなら早期の改善をお勧めします。

 

芦屋市、伊丹市、宝塚市、西宮市、吹田市、箕面市、池田市、豊中市の

ママさんは当センターにお任せください。

 

→ 猫背矯正〜姿勢を治す方法〜

産後骨盤矯正は当センターにお任せください!

ロゴ


電話を掛ける
【完全予約制】
電話対応可能時間 9:00~17:00 (平日 火~金)
ネットからのご予約・お申込
診療時間
9時~17時

(祝日の場合はお休みです。)