スタッフブログ

産後の腰痛の原因と解消法

youtsu_woman

産後から腰痛を感じる、もしくは以前の腰痛が増悪したママさんは非常に多く、

家事、育児がままならない場合があります。

産後の腰痛の原因と解消法をご紹介します。

産後の腰痛の原因

1.抱っこによる負荷

出産するまで普段から何かを抱き続ける、持ち続けるという方は少ないと思います。

しかし、赤ちゃんが生まれる事によって頻繁に抱っこを行うことになります。

我々がよく言うのですが、我が子だからこそ5kg、8kg、10kgと持てますが

同じ重さの米袋をもって生活しろと言わればなかなかきついものがあります。

 

その蓄積や瞬間的なダメージにより腰痛を引き起こしやすくなります。

 

2.骨盤の歪みによる負荷

上記の理由と複合する場合があるのですが、

産後に骨盤が歪むという事が良く聞きます。

 

建物でも基礎が傾いていると、上の建物が不安定になる様に

人体も同じで骨盤が歪んでいるとその上に存在する腰にも悪影響を及ぼします。

歪んだ骨盤の状態で、1.の様にお子様を頻回に抱っこしているとどうなるでしょうか?

 

ただでさえダメージを伴う抱っこの負荷をさらに高負荷にします。

従って骨盤が歪んでいると産後の腰痛に非常になりやすいのです。

 

産後の腰痛の症状

1.腰痛

シンプルですが一般的な腰痛です。

動かすと痛い、立ってるだけで痛いという状態です。

 

2.ぎっくり腰

この症状まで来ると生活が大変になります。

ましてやお子様が小さいのにママが動けないとなると家事だけでなく、育児にも支障が出てきます。

理想はなる前に治療を受ける事ですが、なってしまって場合でも早急に治療を受けましょう。

 

3.股関節痛、恥骨痛

一見関係ないように思いますが、我々が多くの患者様を診ていく中で

産後のママさんは非常に股関節、恥骨の痛みを訴える方が少なくありません。

腰痛との関連なのですが、実は腰の治療をしていく中で股関節や、恥骨の痛みが消失するママさんが非常に多いのです。

詳細は割愛しますが、腰痛と股関節痛、恥骨痛は関連していることが多いと思います。

 

産後の腰痛の解消法

1.腰痛ベルトなどの着用

自身にあったタイプを着用しましょう。

ただし、長期間、長時間の着用は筋肉を衰えさせる可能性があるので

根本的な解決をお勧めします。

 

2.整形外科の受診

あまりに症状がひどい場合、症状が長い場合

なんらかの内科的疾患や骨の疾患も考えられますので

該当する場合は早期の受診をお勧めします。

 

3.治療院での手技療法の受診

整体などの手技療法で腰痛を解消しましょう。

 

4.産後骨盤矯正を受診

3.の内容と少しかぶるのですが、産後骨盤矯正もお勧めです。

 

腰痛と産後の歪みを一緒に改善

当センターの産後骨盤矯正は腰痛の施術も一緒に行います。

これは産後骨盤矯正の効果を最大限に出すためなのですが

前述したとおり、腰痛を抱えるママさんの為でもあります。

 

出張で産後骨盤矯正を行っているので家から一歩も出ずに腰痛の改善ときれいな骨盤を維持できます。

 

産後のママさんの体はデリケートですので、当センターの産後骨盤矯正はボキボキしない優しい矯正です。

現在出張可能なエリアは芦屋市、伊丹市、宝塚市、西宮市、吹田市、箕面市、池田市、豊中市です。

該当エリアでお悩みのママさんはお気軽にご相談ください。

 

当センターは完全予約制です。

また横にお子様がいても大丈夫です!

 

ママの腰痛は早期に改善すべき

なぜならば育児にも影響が出るからです。

実際過去にあった例ですが・・・。

「腰痛をずっと我慢しているママさんがとうとう立てないくらいの痛みになり、育児も家事もできなくなり、実家から自分のお母さんを呼ばなければ生活が成り立たなくなった。」

という事がありました。

 

そうならない様に早めのケアをお勧めします!

産後骨盤矯正は当センターにお任せください!

ロゴ


電話を掛ける
【完全予約制】
電話対応可能時間 9:00~17:00 (平日 火~金)
ネットからのご予約・お申込
診療時間
9時~17時

(祝日の場合はお休みです。)